HOME > メンテナンスについて

メンテナンスについて

矯正中のメンテナンスについて

矯正中のメンテナンスについてのイメージ

春木歯科・矯正歯科では、矯正治療にかかられた時から治療が完了、そして装置を外した後でも、ブラッシングには力を入れています。矯正装置をつけている間、口腔内は虫歯になりやすい状態になります。当院ではむし歯の予防として「クリーニング」「メンテナンス」を第一に考え、歯並びの治療後も、虫歯のない口腔内を目指しています。

矯正中のブラッシングについて

矯正治療は長期間、口腔内に歯並び治療の装置を装着します。
ブラケットを装着した後の口腔内は食べ物の残りや歯垢が非常にたまりやすい部分が多くなっています。
またブラッシングもしづらくなるので、正しいブラッシングでいつもより時間をかけて磨かないと、すぐに虫歯になってしまいます。
重度の虫歯になると一度矯正装置を外してから治療する場合もあります。治療が一旦中断する場合もあり、治療期間が長引く事もあります。このような事にならない為にも、矯正期間中は装置に合わせた歯ブラシや補助器具を選択して、今まで以上に時間をかけて丁寧に歯磨きをすることが大切です。

ポイント

1.歯ブラシ

矯正装置は歯より出っ張っていますので、歯を上と下に分けて磨くようにします。
ブラッシングのポイントは、歯ブラシを歯面に角度を付けて当て、軽い力で横に往復磨きをする事です。鉛筆を持つイメージで歯ブラシを持つと無駄な力みがぬけ、ちょうどよい強さで磨くことができます。また、歯と歯肉の境目に汚れが残っていると歯肉が腫れるケースがあるので、歯ブラシで頬を伸ばして、毛先がしっかり境目にあたっていることを確認しながら磨きましょう。また、矯正専用の歯ブラシもありますので、詳しくはご相談下さい。
山型歯ブラシは、毛先が山型のブラシになっており、装置と歯の境やスプリング等の複雑な矯正装置など、細かい所を磨くのに適しています。谷型歯ブラシは、毛先が谷型のブラシになっており、装置をいためず、包みこむように磨くことができます。

2.タフトブラシ

歯並びがガタガタで通常の歯ブラシでは届きにくい所やブラケットの周りを磨くときに使用する歯ブラシです。

3.歯間ブラシ

タフトブラシと同じで、歯並びがガタガタで普通の歯ブラシでは届きにくい所やブラケットの周り、歯と歯の間の部分を磨くときに使用します。ブラシの大きさは、隙間に無理なく入るものを選択します。

4.スーパーフロス

隙間のない歯と歯の間などに使用します。フロスの硬くなっている端の部分を歯と歯の間に差しこみ裏からひっぱり、歯と歯の隙間にある歯垢を落として行きます。太くなっている部分を磨きたいところに位置づけし、右左の側面と、別けて出し入れしながら上下に動かしてください。

お問い合わせ